相続診断士TOP想定問題集

想定問題集

想定問題集一覧

相続税について

相続税の課税価格の計算において、墓地や仏壇は非課税財産となる。

正解は ←ドラッグして正解表示。

遺留分権について

被相続人の兄弟姉妹には、遺留分権がない。

正解は ←ドラッグして正解表示。

相続税対策について

相続税対策において不動産を贈与する場合は、なるべく評価額を上げ資産価値を高めてから贈与する方が有益である。

正解はX ←ドラッグして正解表示。


生前贈与について

生前贈与は評価額が下落しそうな財産から優先的に贈与していくべきである。

正解はX ←ドラッグして正解表示。

任意後見人制度について

任意後見制度において、法人は任意後見人になることができない。

正解はX ←ドラッグして正解表示

生命保険金について

相続放棄した者は、生命保険金の受取人となることができない。

正解はX ←マウスでドラッグしハイライトで正解表示。

遺言作成について

公正証書遺言を作成する場合は、証人が2人以上必要となる。

正解は ←マウスでドラッグしハイライトで正解表示。

保護受給権について

被相続人が生活保護法に基づき生活保護を受けていた場合、その保護受給権は相続の対象となる。

正解は X ←マウスでドラッグしハイライトで正解表示。


個人情報について

個人情報取扱事業者とならない場合であっても、個人情報の取り扱いには細心の注意を払うべきである。

正解は ←マウスでドラッグしてハイライトで正解表示。

弁護士法について

弁護士資格を有しない者による相続財産の分割案の提示は、弁護士法に抵触する可能性がある。

正解は ←マウスでドラッグしてハイライトすると正解が表示されます。